手汗を止める方法を探る! 人の手に触るのが怖いを解消したい

私は手汗がひどいです。手汗がしたたることもあります。

手汗って、まわりの人からどんなイメージを持たれてるんだろう?やっぱり気持ち悪いよね。

そう考えながら10年以上生活してきました。普通の人なら当然のように出来る行動が私の憧れです。

手と手が触れる、握手をする。
パソコンのキーボードが濡れない。
人からボールペンを借りられる。

こんな当たり前のことが私には出来ません。この当たり前をなんとか叶えたいんです!

だから社会人になったら、手汗を治そうと決めていました。

このサイトは、手汗に悩む管理人の私が、なんとか手汗を治そうと奮闘するサイトです。気になる人はぜひ見ていってくださいねー(^^)/

手汗に悩んでいる人は自分1人じゃない

いきなりですが、厚労省研究班の調査により、多汗症で悩んでいる人は、日本に推定80万人いることが分かった、という記事をネットで読んだことがあります。

7人に1人は多汗を自覚している、らしいです。もちろんこの多汗は、手以外に、足汗や脇汗などを含めますから、全員が手汗に悩んでいる、という訳ではありません。

でもこの人数の中には、実際に手汗に悩む人も入っています。なのに私には、私以外に手掌多汗症の知り合いがいません。

同級生が回してきたプリントは、わたしが持つと湿ったし、テスト中に緊張してテスト用紙は濡れるし文字は滲んだ、彼氏が出来ても手を繋げませんでした。

誰も気持ちを分かってくれないから、理解者が欲しかった!それがこのサイトを立ち上げた1番の理由かもしれません。

手汗で悩んでいる人がいたら、とりあえず1人じゃないですよ!わたしも悩んでます。

ってことをまずお伝えしておきます。(。_。)ウン

多くの人が悩んでいるから手の多汗症にも治療法がある

で、ですね。多汗が自分ひとりじゃないってことは、やっぱり手汗にも治療法があるんです。

多汗自体は7人に1人が悩む訳なので、どうにかしようと考える人がいても不思議はないと思いませんか?

調べてみると、実際手汗が治って普通に生活している人もいるんです。手汗が出ない生活、考えただけで幸せすぎるーっ!

調べた所、方法はたくさんありました。でも、どれが自分に効くのかは、試してみないと分かりません。

なので、とりあえずかたっぱしから試しました。ついでに、やってみた手汗対策についてはレビューもしてみようと思います!

手汗を止める方法を紹介!

手汗を本気で止めようと思うと、正直ある程度お金かかります。どこまで出せるのかは人によって違うので、なるべくお金のかからない方法から載せていこうと思ってます。

とその前に、参考にしやすいよう、まずは私の手汗レベルを紹介しますね。

わたしの手汗レベルは、通常は手がしめっている位なので、さほど酷くありません。でも、緊張を感じるとともに手汗がぶわっと増えます。緊張マックスだと滴ることも!

常に手汗がにじんでいる訳ではありませんが、『ここで手汗を出しちゃいけない』と思えば思うほどに、手汗が溢れる体質です。

緊張しなければいい、って話ですけど。どうしても緊張しちゃうんですよね。

パソコンなどをまだ壊したことはありませんし、緊張しなければ、料理も気にせず作れる感じです。スマホもなんとか使えます。

では、わたし位の手汗レベルだと、どんな方法で手汗が止まるのか検証していきましょう!

ひとまず試してみよう、手汗を止める民間療法

少し費用がかかるものもありますが、大体は0円からスタートできる簡単な方法です。

最初に言ってしまって申し訳ありませんが、わたしは民間療法、すべて効果がありませんでした。

さほど手汗がひどくないけど、緊張しやすい、とか、手汗がちょっと気になる、程度の手汗で悩む人におすすめの方法です。

1、瞬間的に汗を止めたい時は、まず無料で始められるツボ押しがおすすめ

手汗に効果があるとされるツボとして知られているのが合谷(ごうこく)。
合谷は手の甲から見て、親指と人差し指の骨が合わさった場所から、少し人差し指側。ちょっとだけ凹んでいる場所があるんですが、そこが合谷です。

見つけやすい場所なので個人的にもおすすめのツボです。

ツボ押しをする時は親指を使って、痛気持ちいい位の強さで5秒間押します。その後、5秒離して、再度5秒押す、を5回程度繰り返しましょう。

手汗が止まらないからといって、強く押すのはNG。

私は、ツボで手汗が止まったことはありません。でも気休め程度に覚えておくのはありですね。

手汗を止めるツボ他にも、労宮(ろうきゅう)、後鶏(こうけい)などが有名です。押しにくいので紹介はしませんが、足、体にも汗を止めるツボがありますよー!

2、食べ物で手汗を止める

汗を出にくくする食べ物を摂る、汗が出やすくなる食べ物を摂らない、というシンプルな方法です。

大豆、夏野菜などが手汗を止めてくれる食品の代表格になります。大豆は女性ホルモンの働きを活発にすることで手汗を防ごうというもの。

女性ホルモン自体に、汗を抑制する効果があることから、女性ホルモンのかわりの働きをする、大豆イソフラボンが有効だとされています。

夏野菜には体を冷やす役割がありますから、体が温まり、汗が出るのを防ぎます。しかし体を冷やしすぎると、女性ホルモンの働きが悪くなります。上手に食生活に取り入れましょう。

逆に手汗を促進してしまう食べ物として、肉類や辛いもの、コーヒーなどのカフェインを含むものが挙げられます。

肉類、辛い物は体温を挙げてしまうので、発汗を促しますし、カフェインを多量に含むコーヒーは自律神経を刺激し、緊張状態を作り出してしまう為、汗が出やすくなります。

3、リラックスして自律神経の調節をする

自律神経のバランスが崩れていて、いつも交感神経が優位になっていると、手汗が出やすくなってしまいます。

  • 仕事や勉強がとても忙しい
  • 引っ越し、就職など、環境の変化が原因で、急に手汗が出始めた

このように、ストレスを感じている場合、交感神経がいつも優位になって、緊張状態が続くことで手汗が出ている可能性が高いです。だから、リラックスする時間を意図的に作り出すと、手汗が落ちつくことがあります。

リラックスする方法は人によって違うと思いますが、代表的な方法はこんな感じ!

  • アロマを取り入れる
  • 温かいハーブティをゆっくり飲む時間を作る
  • 落ち着ける音楽を聴く

私の手汗は止まりませんでしたが、リラックスできるのでアロマディフューザーを持ち運んでいます。タオルやマスクなどに好み香りをつけておくと、リラックスしたい時に香りを楽しみやすくていいですよっ。

女子力高めに見られます\(^^)/ワーイ

もちろん男性もおしゃれに見られると思います。そんな理由からも、アロマは結構おすすめです。

4、安く作れるミョウバン水で手汗を止める

ミョウバンは古くから使われてきた食品添加物。日本ではつけものに使われています。

ミョウバンは古代ローマの人々が制汗剤として使用してきたという話があるほど、制汗剤としての歴史が古いですが、なぜ制汗効果があるのかははっきりしていません。

ただ、実際止まったという声があるのは事実!ミョウバンは100gが300円程度なので、激安で手汗を止められる民間療法です。1度試す価値はあると思います。

材料
焼きミョウバン50g、水道水1.5リットル、ペットボトルなどの容器

作り方
焼きミョウバンと水をペットボトルに入れて、蓋をしてよく振って混ぜます。
2~3日おいて完全に溶かします。
ミョウバン水を10分の1に薄め、スプレーボトルにいれて手に吹きかけます。

※濃度が濃すぎると、肌荒れする場合があります。注意しましょう!

費用を抑えながら、手汗を止めたいならまずは病院へ通いましょう

自分で色々試したけれど、手汗が止まらない人は、皮膚科へ行きましょう。手汗を止めるために最短の道です!

多汗は病気なので、診察には保険が効きます。しかも専門的な知識をもった医師が診察してくれるので、疑問があれば質問できます。

何より安心感がすごい!一度も行ったことがないならぜひ行ってみましょう!!

1、皮膚科の一般的な手汗対策、塩化アルミニウム

塩化アルミニウムは手のひらに塗ることで汗腺を塞ぎ、手汗を止める方法です。
就寝前に塗って、朝起きたら流す、というシンプルな方法ながら、効果が出やすいです。

私自身手汗が止まる、という実感を初めて得たのが塩化アルミニウムでした!

しかも100mlが1,000円程度なので、価格的に続けやすいんです。

しかし手荒れが起きやすい、というマイナス面も。かくいう私も塗った時のかゆみの強さ&手荒れに耐えられず、塩化アルミニウムの使用を中止せざるを得ませんでした。

塗る回数を調節してみたり、色々試したんですが結果は変わらず。本当に残念でした。手荒れしないんだったら一番続けたかった方法です。

塩化アルミニウムは、手汗に悩んでいる人は、是非使ってみて欲しい薬の1つ!!
処方してくれない皮膚科もあるので、事前に問い合わせてから、通院しましょう。

2、体全体の汗を抑える飲み薬、プロバンサイン

プロバンサインは汗を抑える効果のある飲み薬です。病院での処方が基本。

ネットで購入も可能ですが、唾液や涙などの分泌も抑えてしまう副作用もあるので、診察をうけてから飲む方が安心です。ちなみに、副作用の代表的な症状は、ドライアイ、口の渇き、熱中症になりやすいなどです。

調べた所によると、プロバンサインの1ヶ月の薬代は1,000円程度ですから、値段が手ごろですね。

私自身はプロバンサインを処方してもらったことがないので、残念ながらレビューは出来ません。すみません。

ただの想像ですが、全身の多汗、背中など広範囲の多汗、顔や頭の多汗で悩んでいるなら、塩化アルミニウムよりプロサインが使いやすいと思います。

3、塩化アルミニウムが効かないなら、イオントフォレーシス

イオントフォレーシスは微弱な電流を流すことで、汗腺を補足する治療です。

効果が出るまでの間、週1回は病院に通う必要があるので、社会人だと厳しいかもしれません。私も通うのが厳しいという理由で諦めました。

効果があらわれてからも、2~3週間に1度は病院へ通わなければ、再び手汗が出てしまうので、定期的な通院は欠かせません。

…が、最近このイオントフォレーシスを自宅で行える、ドライオニックという機械が発売されているらしいです。足汗にも使用できるみたいですね。

でも、電流を自分で流すのか、と想像すると怖くて手を出せませんでした。

4、制汗効果を長続きさせたいなら、ボトックス注射

プチ整形的なもので有名なボトックスは、実は手汗に有効!

人によって効果に差はありますが、ボトックス注射は1回行うだけで、3~6か月程度制汗効果を感じる人が多い治療法です。

手にボツリヌス菌を注射することで、汗を出す原因となる成分の分泌を抑えられます。注射が痛いくらいで、副作用は少ないんだとか。

とても良い治療法なのですが、保険が効かず、値段が高額なのがネックです…!

ちなみに価格は、1回につき5万円~10万円程度。取り扱うボツリヌス菌の種類によって値段が変わるという話もあります。しっかり話を聞いて納得してから、施術を受けましょう。

もちろん私には予算オーバー!肌荒れせずに、手汗が長期間止まるなのて、理想的なんですが、数ヶ月おきに10万は出せません…。

ボトックスが保険治療できるようになったらいいのに!偉い人、ここ見てたら、ほんとどうにかしてください。手汗、切実に困ってます。

5、最新治療?ビューホット!

ビューホットは最新の治療法です。細い針のついた器具を肌の上にあて、汗腺に熱を与えて破壊していき、手汗を出にくくします。

全く手汗をかかなくなる訳ではありませんし、傷跡も残らず、副作用も少ないことから注目を浴びている方法です。

ネックは価格と安全性。
ビューホットはまだ米国食品医療品局での認可を得ていません。しかも価格が30万以上!

自己責任で受けることになりますが、わたしはそこに30万円も払えません…。社長になれたらやりたいですね。\( ‘ω’)/

絶対に手汗を止めたいなら手術がある

本当に、どんな代償を払っても、どうしても手が止めたい!って人には胸部交感神経遮断手術(ETS手術)というものがあります。

胸部の交感神経を切除することで、手などの発汗を抑えます。費用は3割負担で10万円程度。

以前、ザ仰天ニュースというテレビ番組で、手の多汗症に悩む女性の特集をしていましたが、彼女が受けたのが、胸部交感神経遮断手術です。

彼女の場合は手術がうまくいき、とても幸せそうでしたが、胸部交感神経遮断手術には代償性発汗という副作用が起きることがあります。これは手の汗が止まる代わりに、他の場所が汗をかきやすくなるというもの。

代償性発汗により、ズボンがびちゃびちゃになる程、下半身に汗をかくようになった、と手術を安易に行ったことを後悔している口コミも見ました。

私は、代償性発汗が怖くて手術には踏み切れません。同時に安易におすすめもできません…。

もしどうしても受けるのなら、下調べをしっかりして、納得できる病院で手術してください!

病院の手汗対策はNGでも手汗専用制汗剤で手汗が減った

頼みの綱の病院に行っても、私にピッタリの手汗治療法が見つからなかったので、今度はネットの制汗剤にダメ元で手を出しました。|д゚)

実は、かなり恐る恐るで、だまされるんじゃないか、とか、どうせ効かないんじゃないか、と色々疑った末に、やっと購入を決めました。

決め手は、@コスメの口コミが意外と良かったこと。

有名サイトの口コミで評価が高いんだったら、とりあえず嘘ではないんじゃない?って思えたのです。

で、いくつか買ってみたんですが、これが意外と良くて。手汗の量が明らかに減ったんです。

塩化アルミニウムと違って手荒れしないのもポイントが高かったですね!

あと、通院しなくていいのが楽!土曜日午前中の病院は平均1~2時間待ちが当たり前で、正直大変だったので助かりました。

ではいくつか試したネットの手汗用制汗剤を、使って良かった順番にランキング形式で紹介します!

1位 手軽さと安全性の高さで高い人気のファリネ
手汗対策 ファリネについて詳しく見る
ファリネは使いやすいパウダータイプ。ナノイオン微粒子が手汗を抑制してくれます。

制汗成分は安全性の高いクロルヒドロキシアルミニウムを使用し、手荒れなどが起きる可能性も低く、子供でも使用できるという成分のやさしさが魅力的。

気になるタイミングで使用できるという手軽さは、手汗に悩む人から厚い支持を受けてダントツの1位!パウダーだからといってかさかさになりすぎませんし、白くなることもありません。

定期コースで初回注文1個目の商品のみ90日間の返金保障がついています。

フェリネをがおすすめな人

  • ベタつくのがいや
  • 手荒れを感じることがある
  • 気になった時、すぐに手汗を抑えたい
2位 フレナーラは手汗を1日中コントロールしたい人に人気!
フレナーラについて詳しく見る
1位のファリネ同様クロルヒドロキシアルミニウムを使用した手汗対策用のアイテム。肌へ浸透するように有効成分をナノ化した制汗成分配合。
ジェルクリームを毎日3回手のひらに塗ることで発汗を抑えます。
カモミールやトウキンセンカなどの7種類の手に優しい植物エキス配合で手のひらをみずみずしく美しい状態に保てます。

フレナーラがおすすめの人

  • 仕事がらこまめに塗り直しをするのが難しい
  • ハンドクリームでもしっとりとした感じが好き
  • 手荒れをすることがある
3位 手汗を止めることが最優先の人におすすめのデトランスα

デトランスα手足用はデンマーク製の制汗剤。皮膚の厚い手足の汗を止められるよう、塩化アルミニウム濃度が25%と高い制汗作用を持っています。1本で40日間使用可能です。

デトランスαがおすすめな人

  • 手荒れをしたことがほとんどない
  • とにかく効果優先
  • 日中は制汗剤を使いたくない
災害の影響によりデトランスαは現在販売・生産が停止されています。
現在再開の目処が経っていないとのこと。
また再開され次第、当サイトでもご案内していきます。
4位 コルクルは手頃な価格が人気の制汗剤!

コルクルに使用されている厳選されたワレモヨウ、柿タンニン、ヨクイニン(ハトムギ)、シャクヤク、緑茶エキスは肌を清潔に保ったり、美肌効果が期待できます。

コルクルがおすすめな人

  • 手頃な価格で手汗用の制汗剤を試したい
  • 手だけではなく足や脇にも使用したい
  • 効果がなかったらどうしようと不安
5位 テサランはコスパの良い手汗専用制汗クリーム

テサランは殺菌成分のイソプロヒルメチルフェノールが配合されているので、脇にも使うことができます。朝1回で最大72時間さらさら!だから、1本で3か月利用することができます。大体の手汗専用制汗剤が1本で1か月程度の利用と考えるとコスパが抜群。単品購入でも返金可能!

テサランがおすすめな人

  • 手続きの面倒な定期購入がイヤ!
  • なるべくお金をかけたくない
  • 効果がなかった時に返金してもらいたい

口コミ評価が高い! 気になった時すぐ塗れて、サラサラ実感、おすすめはファリネ

私が使ってみて、使いやすくて、手荒れしなかったのはファリネでした!

病院でもらった塩化アルミニウムで、手荒れしたのが思いのほか辛かったので、使っていて苦痛にならない手汗対策を求めていました。

ファリネは使い続けて手汗を少しずつ抑えていくこともできるし、緊張しそうな会議とか、営業で人に会う時とかの前にさっと塗っておくこともできます。

乾かす手間もいらないので、緊急の場合は「お手洗い行ってきます!」か、ウエットティッシュで手のひらを拭いてから、ファリネを塗れば、しばらくの間は安心。

わたしの場合、手汗が出てくると、手汗を出しちゃいけない、という緊張が緊張を呼び、どんどん手汗が増えてしまうパターンが多かったので、ファリネはとても有効でした

ファリネを塗っていると、多少緊張しても手汗が出ないので、気持ちが楽になり、いつものような滝汗が出ません。今やお守りと化しています。

パウダーだから正直黒い洋服が白くなってしまうんでは?と心配していましたが、そんなこともないです。付けている感覚がないので、人と握手しても問題ありませんよっ(^^)/

手汗が完全に止まる、ってわけではないんですけど、気にならない程度のサラサラ感です。かなり快適です!

どうしても、手汗が止まらない場合に考えられること

知恵袋や手汗用制汗剤の口コミを見ると、何をしても手汗が止まらない!と悩む人が多かったので、手汗が止まらない原因について少し考えてみました。

病気の可能性

手汗に悩む方たちの中には10代から手汗に悩む手掌多汗症の人も多いと思うんですが、20歳を超えてからいきなり手汗が出始めた!という人もいるようです。

手汗だけが増えたのなら、手掌多汗症の可能性が高いですが、汗が手だけではない場合は、自律神経出張症や、糖尿病、甲状腺機能亢進症などになっている場合も考えられます

体に異常があると感じたら、たかだか汗と思わず病院に行くことをおすすめします!

薬や制汗剤を続けていない

何をやっても効果がない!という口コミを見て、手汗レベルが高い人には制汗剤での手汗対策は難しいだろうなと感じることもあります。汗がいつも流れる状態だと、塗ったそばから制汗剤が流れてしまうからです。

その一方、あまり長く続けず、すぐに効果が出ないことで諦めてしまう人も多いだろうな、と思うんです。

個人差はありますが、塩化アルミニウムも、イオントフォレーシスも手汗が止まるまでに、少し時間がかかりますよね
汗腺を塞ぐのですから、すぐに手汗を止めるのは難しいです。

同様に市販の手汗専用制汗剤も効果を感じるまでに少し時間がかかる場合があります。特にクリームタイプの手汗専用制汗剤は、使っていて即効性を感じられないものもありましたよ。

手荒れなどの異常が起きないなら、少し気長に続けてみてはいかがでしょうか?もしかしたら、少しずつ効果が出てくるかもしれません!

手汗が止まれば驚くほど気持ちが軽くなる!

手汗で悩んでいると、何をするにもハンカチや手袋が欠かせません。

  • 趣味のギター
  • テニスなどのスポーツ
  • 対戦ゲーム
  • 友達との漫画の貸し借り
  • 車の運転

手汗が出るからといって、諦める必要はないです。しかし、分かってはいてもどこかで、この手汗さえなければ…、と考えてしまいます。

私にとって手汗はコンプレックス以外の何物でもありませんでした。

だから、症状が抑えられるだけで、かなり気持ちが楽になったんです。

人との握手はもう怖くないし、電車に乗っても、いつ人に手が触れてしまうんじゃないかってびくびくしません。

自分の汗を他の人が、気持ち悪いと思ってるんじゃないか?って心配がなくなるだけで、こんなに楽になるんだって、手汗を気にしなくなって初めて気付きました。

確かにファリネは高い。けど私の心はその価格以上に楽になりました!

何をしても手汗は止まらないかもしれない、と思う気持ちは痛いほど分かります。でも諦めるのは、試してみてからでも絶対遅くない。

私が言えるのはここまで。動くのは自分自身です。自分から動かないと、手汗が治ることはありません。だから、自分に出来そうなことを今から始めてみましょう!